映画

魔女の宅急便でニシンのパイの味はまずい?孫娘がパイを嫌いな理由は?

魔女宅 ニシンのパイ 味 パイ 嫌い 孫
Pocket

魔女の宅急便でキキはある上品なおばあちゃんと出会い、孫にニシンのパイを届けて欲しいとお願いされるシーンがありましたね!

おばあちゃんがキキに届けるように頼んだニシンのパイって聞きなれない料理名ですが…味はまずいといううわさがあるんです。

ほぼニシン味なのか、他の具材も入って食べやすいパイなのでしょうか?

見た目は美味しそうなパイですが、孫娘は嫌いというこのニシンのパイ。

しかもキキはそのおばあちゃんの孫娘に「このパイが嫌い」と、面と向かって心無いことを言われてしまうんですね…。

魔女の宅急便のこのシーンは、キキにとってなかなか辛い出来事となりました。

では、魔女の宅急便に登場する好き嫌いが分かれそうなニシンのパイに関わるエピソードについてお話していきます!

 

魔女の宅急便でニシンのパイの味はまずい?

魔女の宅急便でキキが届けるニシンのパイをご存じですか?

あるおばあちゃんが孫娘のために作る料理としてニシンのパイが出てきます。

キキはそのニシンのパイを宅急便屋として、土砂降りの雨の中、孫に配達するんですね。

さて、この魔女の宅急便に出てくるニシンのパイとは一体どんな味がするんでしょうか?

 

魔女の宅急便のニシンとカボチャのパイはまずい?

魔女の宅急便で登場するニシンのパイには、ニシンとかぼちゃが入っており、さらにそれをホワイトソースで包みこんで焼いたパイになっています!

ローリエやハーブも使っているそうなので、ニシンの苦みはそこまで強調されておらず、優しく食べやすい味になっているそうですよ!

あまり馴染みのない食材の組み合わせですが、意外に美味しいそうです♡

かぼちゃとホワイトソースの組み合わせは間違いなく美味しいと思うので、ニシンが入っていても実は美味しいのかもしれませんね!

実際に魔女の宅急便を見て、作って食べてみた方も思っていた以上にとても美味しい、という感想を持つ方が多いみたい。

大人の味になっており、ニシンの苦みとかぼちゃの甘さ、ホワイトソースが絶妙にマッチしているんだとか!

では、そもそもニシンのパイって一体どこの料理なのでしょうか??

 

魔女の宅急便のニシンのパイは食べづらい郷土料理?

ニシンのパイは、実はイギリスの郷土料理です。

イギリスでは「StargazeyPie(スターゲイジーパイ)」と呼ばれており、「星を見上げるパイ」という意味を持っているんだとか。

とてもロマンティックなネーミングですが、その由来は写真にあるとおり、パイからニシンの頭が飛び出ていて、ニシンが空を見上げているように見えることから名付けられました!

ものすごいインパクトがあるパイですね…。

ただ、このニシンのパイには伝説があります。

昔、嵐の荒天により漁ができずに、飢餓に苦しんでいる漁師町がありました。

そこに、ある一人の勇敢な男性が嵐の中にもかかわらず漁に出て、その町全員の手に渡るほど大量の魚を獲って帰ってきたのです!

そして、その獲れた魚をパイにして焼くときに、中にちゃんと魚が入っていることが分かるよう頭をパイから飛び出すように作ったそうですよ。

勇敢な男性を讃えたパイであり、その伝説を聞くと、ニシンのパイの形にも納得がいきますね。

では、食べてみるとどうでしょうか。

そもそもヨーロッパでは調理の仕方が大雑把なこともあり、下処理(うろこや内臓を取り除く)した魚を丸ごとパイに入れるので小骨が多く食べにくいそうです。

また、ニシンのパイの見た目を怖がる子供も多く、イギリスでは切り分ける際に魚の頭を隠したり取り除いたりすることも珍しくありません。

その点から考えると、ニシンのパイは食べづらくて子供に不人気な料理かも…。

 

魔女の宅急便でパイが嫌いと孫が言ったのはなぜ?

おばあちゃんが作ったニシンのパイを、雨の中、キキはずぶ濡れになりながらも、おばあちゃんの孫へ一生懸命届けようとします。

必死の思いで配達先に着いた矢先、孫に届けると「私このパイ嫌いなのよね…」と。

喜んで受け取ってもらえると思っていたキキは、この言葉に呆然としてしまいます…。

このシーンは、いつ見ても心がモヤモヤしてしまうんですよね。

孫の女の子は、なぜパイが嫌いと言ったのでしょうか??

 

魔女の宅急便|孫娘はニシンのパイが古臭い料理だから嫌い?

魔女の宅急便序盤でおばあちゃんが作ってくれたニシンのパイを、孫はなぜ嫌いと言ったのでしょうか?

せっかく作ってくれたんだから、そんな言い方することないのに…と思いますが、孫娘の立場からするとどうでしょう?

彼女はきっと絶賛思春期のお年頃ですよね(笑)

この年頃って、郷土料理=古臭いイメージを持っている子が多いと思うんです。

そんな年頃の女の子のパーティーにおばあちゃんから郷土料理のプレゼント、しかも嫌いなパイが届いた…。

きっと美味しそうなパスタやポテト、グラタンや可愛いケーキなどおしゃれな料理が並んでいるなか、郷土料理である魚のパイが届いたとしたら…

それは孫娘にとったらテンションが下がりますし、「嫌い」と口にしたくなる気持ちもわかります。

しかも「だからいらないって言ったのよ。」と口にしていることから察すると、あらかじめ孫娘はおばあちゃんに要らないと伝えてるんですよね。

それでも、良かれと思ってパイを送ってくるおばあちゃん。

なんだか、魔女の宅急便でもどの国でもある話のように感じますね(笑)

私たち日本人で例えるなら、きれいなケーキやパスタの中に笹団子がきた感じでしょうか。

デザートなら、プリンとかアップルパイとかを持ってきてよ、って感じですよね。

(新潟の方すみません!私は笹団子大好きです!)

 

魔女の宅急便|孫娘の嫌いというセリフは物語の重要ポイント?

せっかく届けたニシンのパイを喜んでもらえず、さらには嫌いとまで言われてしまったキキ。

これは13歳のキキにとって、社会の厳しさを痛感させられた出来事だったと思います。

パイ焼きのお手伝いをして、自分が行きたいパーティーを我慢し、さらにずぶ濡れになってニシンのパイを届ける…。

13歳の女の子だったら褒められて当然の行動ですよね!!

責任感も正義感も強く、素晴らしかったと思います!

ただ…キキはボランティアではなくお金をもらって働いているんですよね。

それを踏まえると、配達先の孫娘に絶対喜んでもらえると思い込んでいたキキは、少し甘かったのかもしれません。

働いていたら、そんなこと日常茶飯事ですし、逆に喜んでもらえたり褒められたりすることって、そうそう出会えないですよね。

13歳のキキには辛い出来事でしたが、これがあったからこそ魔女の宅急便のキキは確実に大人に近づいたんだと思います!

 

魔女の宅急便|まとめ

ジブリの人気作品である、魔女の宅急便の「ニシンのパイ」は意外にも味は美味しいとのことでした!

日本では魚のパイに馴染みがないので、見た目と相まって、好き嫌いというよりも衝撃が大きいんだと思います!

ニシンのパイを受け取った孫娘は「嫌い」と言っていましたが…(笑)

この場面は、キキにとっては今までにない出来事であり、辛い経験となってしまいました。

ですが、お互いの立場からすると、仕方のなかったことかもしれません。

社会に出ることは、楽しいことばかりではなく、時に厳しいこともあるんですね。

キキはこれを糧に、頑張って一人前の魔女になるべく、さらに奮闘していきます!

それでは『魔女の宅急便でニシンのパイの味はまずい?孫娘がパイを嫌いな理由は?』はここまで!

この後も魔女の宅急便には見どころがたくさんありますので、まだ見たことのない方は、ぜひご鑑賞ください!!