ディズニー

美女と野獣でエマワトソンの歌は本物?実写版で泣ける挿入歌BEST3!

美女と野獣 エマワトソン 歌 本物 実写版 鳴ける 挿入歌
Pocket

ディズニーアニメーション不朽の名作、美女と野獣を見たことはありますか?

真実の愛の物語と素晴らしい挿入歌によって世界中の人々を魅了し、心がほっこりして泣ける作品です。

そんな美女と野獣が2017年に実写版となり話題になりました。

実写版では泣ける挿入歌が新たに3曲追加されています。

主人公ベル役を演じたのは、映画ハリーポッターのハーマイオニー役で有名なエマワトソンです。

エマワトソンって歌えるの?あの歌は本物?って思った人も多いはず。

今回は、美女と野獣のエマワトソンの歌は本物なのかを検証します!

さらに実写版で泣ける挿入歌BEST3を紹介します。

オリジナル作品も独占配信!/

ディズニー映画 違法サイト フル 配信 おすすめ

 

美女と野獣でエマワトソンの歌は本物?

美女と野獣のエマワトソンの歌は本物?

実際に歌っているの?

その答えはYES!です。

エマワトソンは今まで役のために歌ったことはないから、自分が歌うことでみんなが関心を持つと思うと考えていました。

ハリー・ポッターシリーズでハーマイオニーを演じる前から、周りにはいつか歌ってみたいと話していたそうです。

美女と野獣の大ファンだというエマワトソンはオーディションを受ける前から劇中歌は全て歌えたそうですが、ベル役を演じることが決まり、歌が彼女の最大のプレッシャーでした。

確かに人前で歌ったことはほとんどないので、彼女の歌は誰も知りませんよね。

歌えるの?と心配になった美女と野獣ファンも多いのではないでしょうか?

誰もが知る名曲の数々を歌うことの重み、プレッシャーはすごかったと思います。

プレッシャーを跳ね除けるためにエマワトソンがどう立ち向かったのか調べてみました。

 

美女と野獣でエマワトソンは3ヶ月の猛特訓をした!

エマワトソンはプリンセスになりきるために、3カ月間のプリンセス修行を決行し、ベル役に挑戦しました。

プリンセスとしての身のこなしや素養を身に着け、ベルに近づくため超ハードスケジュールをこなしていたんです。

撮影がスタートする約3ヵ月前から修行は始まり、歌のレッスンを週に4日、ダンスの練習を週に5日、乗馬の特訓を週に3日行っていました。

自分の歌に自信が持てず、本当は下手なのに怖くて誰もそれを言えずにいるんじゃないかと疑心暗鬼になっていたとか。

努力の甲斐あって、完成作で澄み切った歌を披露することができ、本人は安堵のあまり泣いてしまったそうです。

優等生のハーマイオニーを演じていたこともあり、エマワトソン自身もなんでも完璧にこなしてしまうイメージがあったので、ここまで努力をしているとは思いませんでした。

 

エマワトソンの歌は音程補正されている?

美女と野獣のエマワトソンの歌は音程補正されているんじゃない?

はい!音程補正されているんです。

ツイッターでは、オートチューン(音程補正)っぽい。

オートチューンがキツすぎる。

などの意見が出ています。

音程補正されているってことはエマワトソンの歌はダメなの?と思いますよね。

そうではなくプロの音楽家でも音程補正はしているようです。

今はボーカルのチューニング(音程補正)はプロの歌手でも、CDでは音程を補正するのが当たり前。

録音の時に、もしも音程をはずしてしまっても正確なピッチに修正することが可能で、プロのエンジニアが最高の技術で全く修正を感じさせない自然な音に仕上げます。

写真をアプリで加工するのも1度はしたことありますよね。

顔の加工をしたり、明るさを調節してみたり、今は当たり前になっていませんか?

写真を加工して少しでも良い写真をSNSにあげたいと思うように、歌も世に出る前に少しでも良いものにしたいという思いで音程補正されているんでしょうね。

音程補正されていてもエマワトソンの歌は透き通るような綺麗な歌声をしています。

普通に聴いているだけなら音程補正されているかなんて分からないので、エマワトソンの美しい歌と物語がマッチしていればそれだけで十分ですね。

 

美女と野獣の実写版で泣ける挿入歌BEST3!

なんといってもディズニー美女と野獣の魅力は挿入歌です。

グラミー賞、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞を総なめにした極上のミュージカルナンバーで感動します。

作曲のアラン・メンケンと作詞のハワード・アシュマンによるアニメーション版からの楽曲に、メンケンが新たに作詞のティム・ライスと組んで作り上げた3曲の新曲が加わりました。

アニメ版と実写版で歌詞も違うので違いを聞くのも楽しいですよ。

今回は実写版美女と野獣で私が独自に選んだ、泣ける挿入歌を紹介します。

 

美女と野獣泣ける挿入歌BEST1|デイズ・イン・ザ・サン

デイズ・イン・ザ・サンは実写版美女と野獣オリジナル曲の1つです。

メロディーと歌詞が本当に素敵で絶対に聴いてほしい1曲!

ベルとお城の召使いたちの心の不安と未来の希望を忘れないという気持ちを表した歌になります。

過去の過ちをやり直したい、元の姿に戻りたい、そんな思いのお城の召使いたちを見ていると、自然と涙が溢れました。

ベルは、野獣と心を交わすことができて自分の中で何かが変わっているけど自由な生活ではないという不安を抱えていることがわかる歌詞になっています。

最後は、幸せな時間はいつまでも続かない、元の生活に戻れるように希望を持ち続けようという強い意志を感じる歌です。

それぞれの感情がすごく現れている歌詞なので、是非聴いてみてください♪

 

美女と野獣泣ける挿入歌BEST2|朝の風景

朝の風景、この歌からベルの物語がスタートするので絶対に外せません!

エマワトソンの最初の歌が聞けるのもこの曲!

なんと、美女と野獣の中で最長の5分超えの曲になります。

ベル、ガストン、ル・フウ、町の人々、大勢で歌うこのナンバーはどの曲よりも迫力があって圧巻です。

マワトソンがプレッシャーに感じていた歌も、この曲を聞くと透き通った素敵な声で頑張って練習したのが伝わってきて感動して泣けました。

ハーマイオニー役のときもそうでしたが、本が似合う!!

エマワトソンは知的な役が似合いますね♪

町ベルの美しさが最大限楽しめるナンバーです。

 

美女と野獣泣ける挿入歌BEST3|愛の芽生え

愛の芽生えは、ベルと野獣が、やっと心を交わす瞬間でお互いの気持ちを歌っている重要な歌。

ベルは野獣が本当は優しい心を持っていると気づき、野獣はベルが自分のことを嫌っていると思っていたけど、今はもう違うと感じ始め、お互いを見る眼差しが変わりました。

周りにいるルミエールやコグスワースたちも2人を見て何かが変わり始めていると気づき驚くとともに希望が見えてきた喜びが伝わってきます。

ベルと野獣の二人の距離が一気に縮まるこの瞬間が私は大好き♪

一緒にお散歩したり、本を読んだり、雪を投げ合ったり、この幸せな時間がずーっと続けばいいなぁと思ってしまいます。

この歌で雪を投げ合うシーンがあるのですが、その時のエマワトソンの表情がとても可愛いので注目してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

ベル役を演じたエマワトソンは歌のレッスンを受けて相当な努力をしていたことがわかりました。

エマワトソンの本物の歌が聞けるのは実写版美女と野獣だけですよ!

挿入歌のデイズ・イン・ザ・サンは歌詞がとにかく素晴らしいので一度歌詞を読んでから聴いてみてください。

過去の過ちをやり直して元の生活に戻りたい思いと、絶妙なメロディが胸を締め付けてきて自然と涙が溢れます!

実写版美女と野獣はアニメ版とは歌詞が変わりますし、挿入歌も3曲増えていますので泣けるポイントが増えているんです♪

本物の真実と愛の物語を是非ご覧ください!

それでは『美女と野獣でエマワトソンの歌は本物?実写版で泣ける挿入歌BEST3!』はここまで!

美女と野獣を見ることで、東京ディズニーランドの美女と野獣エリアが更に楽しめます。

エマワトソンの美女と野獣を見て美女と野獣の世界観を楽しんでくださいね♪

ディズニー作品数№1!

ディズニー映画 違法サイト フル 配信 おすすめ