ドラマ

最愛9話原作と脚本家はだれ?他のドラマ作品も紹介!

最愛 9話 原作 脚本家 だれ ドラマ作品
Pocket

今期大人気ドラマ「最愛」9話ご覧になりました?

鳥肌物の神展開だったんですよ~!

脚本家やプロデューサーなど制作陣は一体だれ??

凄すぎるんですけど!!面白すぎるんですけど!!

基本的にはとある殺人事件に絡む主人公と幼馴染の刑事、その周囲の人々を巡り、事件の謎を解きながらも、それぞれの「最愛」を表現するなんとも切ないドラマ作品なんです。

私自身、正直殺人事件の犯人より、キャストの心情描写の方が興味あって、いろんな形の「最愛」に9話のみならず全話で号泣しています・・・

そんな毎回飽きることない神がかったストーリー展開の「最愛」に原作はあるのでしょうか?

原作や脚本家が誰かと、他にどんなドラマ作品を手掛けているのか調べてみました。

 

最愛9話原作と脚本家はだれ?

最愛9話で初回のシーンと繋がる演出が施され、この神演出に視聴者は鳥肌を立てて感動したのです。

おもしろいドラマだなとは思っていたのですが、この展開はさすがに私もシビレましたよ~!

まだまだ見落としている伏線も含めて、謎がいっぱいの最愛。

さらに事件よりもキャストそれぞれの最愛エピソードが深くて、もう切ない!

こんな素晴らしいストーリーは原作があるのか、脚本家は誰なのか、調べてみました。

 

ドラマ最愛は原作無しのTBS完全オリジナルドラマ!

ここ最近、特にマンガ原作でドラマ化が多発していますが、なんと最愛には原作がありません!

TBS完全オリジナルストーリーのサスペンスドラマなのです。

こんな複雑で切ないラブストーリーとサスペンスを絡めたドラマをよく書けますよね。

もしかして近々韓ドラでリメイクとかされちゃうんじゃないですか?(笑)

 

ドラマ最愛の脚本家は「奥寺佐渡子&清水友佳子」タッグ!

今最も話題になっているドラマ「最愛」の脚本家は奥寺佐渡子と清水友佳子さんとのタッグです。

愛情に対する細かい心理描写が絶対女性が書いた作品だと思ったんですよ!

まさか二人も女性が関わっていたとは!?

しかもこのお二人、過去作品では「夜行観覧車」「リバース」と湊かなえさん原作のドラマ脚本を担当している名コンビ。

「リバース」ではザ・テレビジョンによるドラマアカデミーで脚本賞を受賞されているお二人だったのです。

サスペンスが得意なんですかね?

奥寺佐渡子と清水友佳子さんは、「わたし、定時で帰ります。」でもタッグを組んでいて、こちらではバリバリ働く女性の心情を赤裸々に表現し、多くの女性視聴者の心を鷲掴みにしました。

等身大の女性像が、現代の働く女性たちの共感を呼ぶのかもしれませんね。

最愛はただの殺人事件ではなく、梨央という女性を中心にキャストそれぞれの愛に対する心理描写が繊細に描かれていて毎回涙を誘います。

 

最愛9話脚本家による他のドラマ作品も紹介!

最愛の各々にまつわるラブストーリーの切なさと絡め方の巧みさ。

そして、謎が散りばめられたサスペンス要素。

何層にも話が絡み合っている複雑なストーリーをとても見やすくまとめてくださって、私はいち視聴者として感謝しかありません!

他にどんなドラマ作品を手掛けられているのか、調べてみたら「なるほど!」と納得でしたよ!

それでは最愛脚本家のお二人が書かれたドラマ作品をそれぞれご紹介していきましょう。

 

最愛脚本家|奥寺佐渡子の作品紹介

奥寺佐渡子さんが脚本した代表作品を紹介!

【アニメ映画】

  • 時をかける少女(2006年)
  • サマーウォーズ(2009年)
  • とある飛空士への追憶(2011年)
  • おおかみこどもの雨と雪(2012年)

【テレビ連続ドラマ】

  • お茶の間(1993年)※初の連続テレビドラマ。
  • ドンウォリー!(1998年)
  • 夜行観覧車(2013年)
  • Nのために(2014年)
  • リバース(2017年)
  • わたし、定時で帰ります。 (2019年)
  • 最愛(2021年)

映画では「八日目の蝉」や「コーヒーが覚めないうちに」も手掛けられています。

細谷守さんと長年組んでいるようですし、人情ほっこりもの作品が得意ジャンルかも?

 

最愛脚本家|清水友佳子の作品紹介!

続いて清水由佳子さんの代表作品も紹介していきます。

  • 君が想い出になる前に(2004年)
  • タンブリング(2010年)
  • 華和家の四姉妹(2011年)
  • 夜行観覧車(2013年)
  • リミット(2013年)
  • 女はそれを許さない(2014年)
  • 不機嫌な果実(2016年)
  • わたし、定時で帰ります。(2019年)
  • 彼女はキレイだった(2021年)
  • 最愛(2021年)

最近では「彼女はキレイだった」を書かれてたんですね。

あれも良かった~

作品見ていると女性の心理描写が得意な脚本家さんかもしれません。

 

最愛9話SNS視聴者の感想は?

 

まとめ

ここまで大人気ドラマ最愛」に原作はあるのか、脚本家はだれかについてお話してきました。

いかがでしたでしょうか?

最愛9話のストーリー展開は素晴らしかったですよね。

宇多田ヒカルの主題歌が流れるタイミングとかたまりませんわ~。

私は毎週泣かされてます!

他に手掛けられたドラマ作品も調べてみたら納得のヒット作品ばかり。

きっと最愛最終回もスッキリ謎回収してくれることでしょう!

梨央と大輝だけはハッピーエンドにしてあげて欲しい!

それでは『最愛9話原作と脚本家はだれ?他のドラマ作品も紹介!』はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。