ワンピース

ワンピース映画の順番を時系列で紹介!感動して泣けるおすすめBEST3!

ワンピース 映画 順番 時系列 感動 おすすめ ランキング
Pocket

ワンピースファンの皆様、今お困りではないですか?

映画作品を見返そうと思ったけれど、有り過ぎてどれから見ていいか見る順番でお悩みの方は人はいませんか?

ネコ山
ネコ山
アニメ追ってから、映画も気になってきたけどいっぱい作品があるよ~!
パン田
パン田
私の推し作品から観てはどうですか?(笑)

なんと現在ワンピース映画作品は14作品出ています。

マンガストーリーと共に時系列で映画を追いたい気持ちもありますが、最近の話題作も早く見たいから見る順番の何かおすすめは無いものか?

好きな順番で見ても付いて行けるのか不安って方もいそう!

勇気や覚悟を描いた作品も多い中、友情や絆もバトルの中で描かれていてけっこう泣いちゃうんですよね!

スッキリ系の勢いあるバトル描写が見もののワンピースですが、感動したいときにおすすめの作品だってありますよ。

まずは分かりやすく時系列でワンピース映画作品一覧をご紹介!

さらに、ちまたの人気ランキングとはちょっと趣向を変えて、私の独断による感動するおすすめ作品もランキングでご紹介していきましょう!

 

ワンピース映画を時系列の順番で紹介!

ワンピース映画はなんと2000年から始まり、2021年10月現在14作!

最初は毎年1回、10作目以降は2~3年に一度のペースで公開されています。

今や20年以上続く超大作マンガですから、親御さんが見ていたアニメを、現在お子さんが見始めたなんてことも十分あり得ます。

過去作品を見ていない方は、14本どんな順番で見るのがいいか悩んでいませんか?

  • 話題作から見たい派
  • 推しキャラだけが見たい派
  • 時系列に追いたい派

いろんな楽しみ方がありますが、今回は「感動」をテーマにおすすめしていきましょう!

ネコ山
ネコ山
絶対泣かせてくるんですよ~

 

ワンピース映画作品を公開時系列の順番に一覧紹介!

ジャンプ連載は1997年~始まり、3年の連載を経て2000年になんと映画化!

その間にアニメ化があってのことでしょうから、連載当初から恐ろしいほどの人気を誇る作品だったことが伺えますね!

一覧にすると毎年新作が公開されていることが分かり、制作スタッフたち休んでます?といいたくなるハイペースでした。

 公開年 作品タイトル   興行収入
2000 ワンピース 21.6億
2001 ワンピース ねじまき島の冒険 30億
2002 ワンピース珍獣島のチョッパー王国 20億
2003 ワンピースTHE MOVIEデッドエンドの冒険 20億
2004 ワンピース呪われた聖剣 18億
2005 ワンピースTHE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島 12億
2006 ワンピースTHE MOVIEカラクリ城のメカ巨兵 9億
2007 ワンピースエピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち 9億
 2008 ワンピースTHE MOVIEエピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜 9.2億
2009 ワンピースFILM STRONG WORLD 48億
 2011 ワンピース3D 麦わらチェイス  8億
 2012 ワンピースFILM Z  68.7億
 2016 ワンピースFILM GOLD 51.8億
2019 ワンピースFILM STAMPEDE  55.5億

しかも軒並み興行収入ランクインする大ヒット映画になっているので、どれだけ国民的マンガなんだ!と改めて驚愕。

6作目くらいから興行収入だけでいうと落ち気味ではありますが、それでも9億も売り上げているので相当な数の人が見たことが分かります。

とは言え初回20億円から2作目は上がったものの、徐々に右肩下がりとなってしまったワンピース映画は6作目以降ついに10億円を切ってしまいました。

そこで映画自体を続けるかどうか悩んでいたところに10作目の依頼が・・・

尾田先生曰く、「大ファンのミスチルが主題歌歌ってくれるなら・・・」という叶うはずなかろうな希望を言ってみたところ、ミスチル桜井さんは大喜びでオファーを快諾!

一度完成されていたストーリーを尾田先生がすべて作り直して、ここから尾田先生監修で映画製作が始まりました。

見事「STRONG WORLD」で返り咲いたのが興行収入に表れていますね!

10作目から最新作まで驚異の数字を叩きだす恐るべき尾田栄一郎。

 

ワンピース映画を時系列順で解説!

ワンピースヘビーファンの方ならすぐに気づくと思われますが、映画作品公開順と作中の時系列は実は異なっております。

  1. ONE PIECE(2000年)
  2. ねじまき島の冒険(2001年)
  3. 珍獣島のチョッパー王国(2002年)
  4. エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち(2007年)
  5. デッドエンドの冒険(2003年)
  6. 呪われた聖剣(2004年)
  7. オマツリ男爵と秘密の島(2005年)
  8. カラクリ城のメカ巨兵(2006年)
  9. エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)
  10. FILM STRONG WORLD(2009年)
  11. 3D 麦わらチェイス(2011年)
  12. FILM Z(2012年)
  13. FILM GOLD(2016年)
  14. ONE PIECE STAMPEDE(2019年)

大きくは変わらないのですが、アラバスタ編の作品公開がだいぶ後だったんですよね。

アラバスタ編は最後の5分がたまりません!涙

基本的には、ワンピース映画のストーリーは完全オリジナルなので、どこから見てもOK!

たまに本編に出ているキャラが登場したりするので、そういうキャラが気になるのであれば時系列順をおすすめ。

「エピソードオブチョッパー+」がちょっと悩みどころで、おおむねストーリーはマンガ通りなのですが細かい設定がちがっています。

  • ドラム王国の話でありながら、ビビとカルーが居ないこと。
  • ロビンとフランキーがすでに仲間になっていること。

なので、ワンピースの時系列に属さない、パラレルワールドなのではないか?とも言われ、この時系列で正しいのか若干悩みどころです。

一応仲間のいる順番でこの辺りという入れ方をしています。

>>ワンピース映画2022最新作公開予想!

 

ワンピース映画|感動して泣けるおすすめBEST3!

改めてワンピース映画作品を一覧にしてみると、すごいですね。

これは全部楽しむなら、1カ月は楽しめちゃうかも(笑)

大方勢いあるバトルで元気になれる明るい作品が多いのですが、ところどころに友情や信じる心を織り込んでくるのが尾田先生式!

これがけっこう泣けちゃうんですよ・・・

どの作品ももちろん甲乙つけがたくそれぞれ面白いので、ランキングは苦渋の選択・・・(笑)

というわけで、あくまで私の独断と感想で感動して泣いた作品を時系列順番にご紹介していきます。

 

第1位|9作目:エピソードオブチョッパープラスー冬に咲く、奇跡の桜(2008)

興行収入も落ち気味でチョッパーの話総集編などと言われている作品ですが・・・

私は一番泣きました(笑)

チョッパーが個人的に好きすぎるのもあるのですが、ずっと独りぼっちで何もしていないのに人間に銃で殺されそうになる傷ついたチョッパー。

ヒルルクのお家で初めて暖かい布団と柔らかいパンを食べて号泣するところがどうもダメです!

泣いちゃいました。

また最後のくれはのチョッパーの見送り方も、まだまだ幼いチョッパーには分からなかったでしょうが、きっとくれはは今生の別れと理解してたんだろうなと思うとまた号泣(笑)

チョッパーは伝説の桜を見つけられるのか、改めて楽しみになりましたよ。

ただDr.くれはの声が野沢雅子さんで、ケンカ腰シーンになると、かの名作を思い出しちゃうのだけが違和感でしたが、これはもう仕方ないですね!

 

第2位|10作目ONE PIECE FILM STRONG WORLD(2009)

尾田先生が初めて、ストーリー考案&製作総指揮を執った作品で、見事に興行収入40億円越えに返り咲いた名作です。

敵キャラで出てくる金獅子のシキは、実は尾田先生が原作で出す予定だったキャラ。

ロジャーや白ひげと並ぶかつての四皇として登場させるつもりだったようですよ。

たしかに実力や冷酷さも群を抜いて強かった~。

そんなシキにナミが連れ去られてしまい、ナミを取り戻す物語です。

ナミってとにかくよく攫われますよね(笑)

仲間を思ってシキに付いていくことを決めたナミと、自分たちをもっと信じろと一喝するルフィが泣かせてくれます。

ミスチルの主題歌もこれまたいいんですよね~

>>ワンピース映画おすすめ主題歌一覧

 

第3位|12作目:ONE PIECE FILM ゴールド (2016)

ゴールドの名にふさわしい興行収入50億円越えの超ヒット作品。

黄金の船でできた独立国家「グラン・テゾーロ」に乗り込む麦わら一味が、中のカジノで罠にはまった大借金!

お金を用意しないと人質に取られたゾロが殺されちゃいます!

ゾロを救出するために、テゾーロと一味を倒しに行くストーリー。

「お金があれば何でもできる」と黄金大好きゴルゴルの実能力者のテゾーロは、その財力で天竜人やCP-9ですらあご先で使う超実力者。

そんなルフィたちの前に現れたのは、テゾーロの財産を狙うために潜入していたかつてのナミの泥棒仲間カリーナ(CV:満島ひかり)が登場し、手を組むことに。

とっても伝わりにくい、ナミとのアツイ友情を見せてくれますよ~、ウシシシ。

オープニングのカリーナの歌も見どころです♪

>>本編感動シーン|サンジvsルフィおさらい!

 

まとめ

ここまでワンピース映画作品を見るためのおすすめ順番についてお話してきました。

ワンピース映画は2000年から始まってなんと現在14作品!

時系列でみるのもよし!

感動作品おすすめランキングを参考にしてもらうもよし!

パン田
パン田
ただのバトル漫画ではないところがワンピースの魅力です!
ネコ山
ネコ山
推しキャラやゲスト声優が活躍する作品から観るのも有り!

基本的には本編とは関係のないパラレルワールドとしてオリジナル脚本で作成されているので、どこから見てもごっちゃになることは無さそう!

映画からファンデビューって方もたくさんいると思います♪

世代を超えて愛される超大作のワンピース映画、次回作が超楽しみ!

それでは『ワンピース映画の順番を時系列で紹介!感動して泣けるおすすめBEST3!』はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。